postheader妊娠が分かった時。

出産前の女性

女性にとって、妊娠や出産は人生においての大きな出来事です。
毎月来ている月経が止まった時、妊娠の可能性があると感じた場合にまずチェックしたいのが、市販の妊娠検査薬です。
ここではっきり陽性が出たら、すぐに病院へ行っても大丈夫ですが、初めは小さくてエコーに写らない場合もあるので、大体一週間後くらいに産婦人科へ行くと、小さな胎芽が見えるようになります。
また、たまに陽性反応が薄くて自己判断が難しい場合もあります。
こちらも、迷わず産婦人科へ行き、調べてもらうと良いようです。
妊娠が分かれば、出産までずっと産婦人科でお世話になる事になるので、病院選びが必要になってきます。
例えば、特典プランや様々な出産法が出来る事が多い個人病院や助産院、また様々な科が集まっているので何かあった時にすぐ対応してくれる総合病院などがあります。

postheader自分に合った病院を選ぶ

出産前のおなか

それぞれの病院によって入院費用やプランが変わってきます。
なので、自分がどの様に出産したいか考えてみると病院も選びやすいです。
また、何かあった時の為に家の近くで探すと良いです。
特に何も気にせず近くの産婦人科に通いはじめても、途中から他に気になる産婦人科が出てきた場合に、簡単に病院を変えてもらう事が出来るので、その時はハッキリと伝えると良いです。
出産は、普通分娩、無痛分娩や水中分娩など様々な方法があります。
メリットやデメリットをよく調べて、医師や助産婦さんとよく相談してどのように出産したいかを話しておくと良いです。

postheader出産について

出産中

妊娠が分かった時、小さな命の存在に大きな喜びを感じる事でしょう。
妊娠は夢や期待が大きく膨らむ一方、同時に不安や心配も覚えます。
初めての出産ならば尚更の事です。
前もって情報を知る事でできる限りこれらを取り除き安心して出産を迎えるようにしたいものです。
まず妊娠すると産婦人科にかかる事になりますが出産を行う施設は大きく分けて、総合病院、医院、助産院がありそれぞれどの産婦人科にかかるかによって分娩の方針、受けられる処置、入院期間、費用等に違いがあるため、この3つについて紹介します。
総合病院は各科の連携があり、産婦人科と小児科、場合により他の科も参加してトータルでサポートしてもらえる利点があります。
母子の健康に心配がある場合、妊娠中の異常がある場合、帝王切開の場合等は総合病院を選ばれる事が一般的です。
産後の入院期間は比較的長く、費用も高めです。
次に医院ですがクリニックとも呼ばれ、こちらは各医院により方針や処置も様々で特色を持っていると言えます。
無痛分娩ができたり、お灸を施したり、分娩室の様式を工夫していたりと様々です。
万が一、何か問題があった場合などは総合病院と連携している所がほとんどなので安心して出産できます。
入院期間や費用も様々です。
最後に助産院ですが、こちらは母子ともに妊娠中問題がなく、自然分娩できる場合に限ります。
できる限り自然な出産を目指しており、陣痛促進剤等も使用しないのであくまでも自然の流れに従った出産と言えます。
このように違いがありますので、産婦人科を選ぶ際の参考にしてください。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031